脱スマホ中毒生活!ついつい見てしまう携帯から離れるための方法とは

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

ついつい見てしまうスマートフォン。電車や街中を歩いていても、スマートフォンばっかり見ている学生やサラリーマンだらけです。「良くないとは思いつつ、なかなか離れられない」そんな方も多いのではないでしょうか。そんなあなたに向けて、スマホから離れるための方法を紹介します。

方法①:よく見るアプリを消す

一番カンタンにできる方法は、ずばりよく見てしまうアプリをアンインストールし、消すことです。見るアプリを消してしまえば、自然とスマホから離れる時間が増えていきます。消すために、ポイントとなる思考を紹介していきます。

そのアプリに使っている時間はどの程度か?

FacebookやInstagram、Twitter、それらのアプリに、どれぐらいの時間を使っているでしょうか?ざっくり定量的に把握してみてはいかがでしょうか?

たとえば、行きの通勤時間に15分見ると仮定します。そうすると、帰りの電車も合わせて、通勤電車で30分。寝る前に30分。これだけでも一日1時間です。単純計算でそれが一ヶ月、一年となれば、31時間と365時間です。

新しいことをマスターするの必要なのは20時間

話は変わりますが、人間が新しいことを習得するには、20時間と言われています。これはTEDで、ジョシュ・カウフマンがプレゼンテーションした内容なのですが、非常に勇気をもらえます。あなたがスマホを見て潰した20時間で、別の何かをサクッとマスターできたかもしれません。

そのアプリを使って何が得られたか?

あなたがついつい見てしまうアプリを通じて、あなたは何を得ているのでしょう?ほとんどの方が単なる時間つぶしではないでしょうか?時間に対するメリットを考えてみることで、その時間を他に充てたいと思い始めるのではないでしょうか?

方法②:アプリを禁止するアプリ【Forest】を入れる

おすすめは、Forestというアプリです。このアプリは、スマホから離れたい時間を10−120分の中から設定し、そのあいだの時間だけ、スマホから離れられるというアプリです。簡単に使い方を説明していきます。

Forest by Seekrtech

240円
(2018.04.06時点)
posted with ポチレバ

まずはスマホから離れたい時間を設定

かんたんに使い方を説明していきます。まずは目標時間を設定します。今回は30分を目標にスマホから離れることとしましょう。無事時間を過ごせると、真ん中に表示されている木が育ちます。

フォレスト1

時間内に見ようとするとアラートが表示

設定した時間の間にスマホを見ようとすると、「ケータイやめて、もっと充実したライフを送ろう」「専念してください!」など、グサッと来るアラートメッセージが表示されます。また真ん中に双葉が表示されているように、時間が経つにつれて、木が育っていきます。
IMG 8059

アプリを閉じると木が枯れてしまう

仮に誘惑に耐えられず、他のアプリを開いてしまうと、画面のように目標とする木が枯れていまいます。アプリ内の話ですが、なぜか罪悪感に苛まれます。笑

IMG 8060

無事達成すると木が育つ!

無事我慢して達成すると、木が育つと同時に、時間に応じたポイントがもらえます。これはちょっとした達成感を味わえます。
IMG 8063

達成回数が増えると、庭園が賑やかに!

達成回数が増えていくたびに、庭園が賑やかになっていきます。これがちょっと嬉しい。ポイントを貯めることで、スタンダードの木以外にも、季節の植物(僕は桜を試してみました)も増やせるみたいです。

IMG 8062

いかがだったでしょうか?スマホをうまく付き合って、充実した生活を送ってみてくださいね。

【次回予告】スマホを見続けることでの恐怖のデメリットとは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Twitterで最新ニュース発信します

アラサー独身の五反田のベンチャー企業で働くウェブディレクターです。気になったWeb、スタートアップのニュースを、朝昼夜と発信します。ダイレクトメッセージもお気軽に。